Category Archives: 千葉の葬儀での注意点

千葉の葬儀で大切な事とは

千葉の葬儀で大切な点として、千葉は親戚などの付き合いを重んじる習慣があるという事があります。

実際に平成22年の調査のデータですが、千葉の葬儀は全国の葬儀代金と比較して割高になっており、その理由に来客への食事などに費用を使用している、といった事実があります。

千葉の葬儀ではそのように形式を重んじる事から、最低限の葬儀にするとしても良い形で行う事が必要になります。

現在知名度が高く広まってきた小さなお葬式は専用の会館も出来るようになり、より正式な形での葬儀が出来るようになってきました。

また斎場も小さなお葬式である家族葬など小規模の葬儀が可能になってきましたので、葬儀形態も一般的になってきたという事でしょう。

こういった葬儀を行う場合は組合員になる必要もありませんし、葬儀の時のみのお付き合いでも問題はないという事も大きなメリットになっています。

実施に今までは葬儀を行う上で普段からの付き合いが大切なポイントであり、組合員であった場合は積み立てた金額だけ割引を受ける事が可能になっていました。

家族葬が一般的になった現在では大規模な葬儀が当たり前といった認識も薄くなってきましたので、葬儀負担は減らしやすくなってきたのです。

千葉県は人口が600万人以上と多く、また付き合いも広く深い為葬儀社も数多くありますが、自分の家にあった葬儀が出来るようになった為、過度な負担を受ける事がなくなってきました。

葬式は故人の為でもありますが、最大の目的は自分や家族の為ですので、その後の生活にお金を残しておく事も考えておきましょう。

千葉の葬儀での注意事項

千葉県で人が亡くなった場合、家の付き合いの他に近所付き合いも大切な要素の一つとなります。

その原因の一つとして近所同士で扶助をしあう隣組制度があり、亡くなった場合助け合う習慣があるからです。

葬儀を行う場合、周辺の交通整理や葬儀会場を知らせる為の道案内が必要になりますが、そういった人員も組の中で賄う事が出来ます。

葬儀を一定規模で行う事が前提の制度であり、葬儀を行う際は組員からの補助もありますので、多くの家庭でしっかりとしたお葬式が行えていました。

千葉県の葬儀費用が平均より上である理由も、そういった一定規模の葬儀が行われやすいという事も原因の一つでしょう。

ただ今では宗派ごとの決まりに囚われない自由な形の葬儀も行われるようになってきています。

故人の映像を流す方式も行われていますし、様々な形で葬儀が行われるようになっていますので、葬式の常識は考えすぎない方が良いでしょう。

千葉県は僧侶の支払うお布施の平均額も高額になる傾向がありますが、葬儀会社ではそういった費用もわかるようになってきましたので費用的な心配は少なくなりました。

本来お布施には相場はないとされてはいますが、宗派や寺院により僧侶へのお布施も相場が存在していますし、葬儀会社はその点も把握しています。

また千葉県松戸市のある地域ではお酒を回し飲みするなど、独特の習慣も存在しています。

運転など必要な場合は無理に飲む必要はなく、飲んだ格好だけでも問題はありません。

習慣など千葉県は広大な為違いもありますが、無理をせずに対応をする事が大切なのです。

千葉の葬儀方法について考察

千葉のお葬式では火葬の扱いでも葬式の前に火葬してしまう前火葬という習慣も一部で残っています。

一般的に通夜の後に葬儀、火葬の流れですので、千葉県など地域限定の流れと思えばいいでしょう。

またお葬式の習慣も宗派によって異なりますが、宗派ごとのマナーや習慣はまとめられたサイトもありますので、前もって確認しておくのも良いかもしれません。

◆もちろん基本的なマナーも忘れずに→通夜・葬式で非常識&迷惑認定されるNGマナー 1位は – ライブドアニュース

ただ実際には地域の高齢者など習慣を熟知している人が最も詳しいですので、そういった人に知恵を借りる方法が最も確実です。

夜伽と呼ばれる一晩ご遺体と一緒に過ごすお通夜や香典もお通夜と葬儀双方で出す習慣もありますので、千葉でお葬式を行う際は周辺の習慣なども確認しておきましょう。

地元の葬儀会社であればそういった習慣にも長けていますので、マナー違反をしてしまう恐れはなくなりますので、まずは地元の安心出来る葬儀社に話を聞いてみましょう。

費用をかけないようにしても心のこもったお葬式は出来るもので、お金をかければ良いというものではありません。

全国規模の葬儀社では葬儀がシステム化されていますので、地域の習慣が反映されにくいケースもあります。

葬儀は地域や親族との付き合いの延長線上のものでもありますので、今後の付き合いなど考えた上で自分がどういった葬儀を行いたいか、そこを大事にしていきたいですね。

現在葬儀社は数多くあり、相互見積もりなども可能になりましたので、費用的な心配がある場合は比較見積もりから始めてみましょう。