千葉県の葬儀は全国平均と比較しても高い傾向にあり、一割程割高な予算になる事が多いようです。

飲食費用などが多く、葬儀に多くの人が参列する事、親戚などの関係者が多い事がその理由であり、その分葬儀費用も膨らんでしまいます。

家の格を考えた場合は僧侶の数も複数必要になりますし、その分僧侶に支払う費用も非常に多くなってしまいます。

3人いれば費用が3倍になるという事はありませんが、二倍程度になる事は覚悟しておくべきでしょう。

■僧侶とお金の関係についての関連記事⇒(URL:http://president.jp/articles/-/2117

成田儀式殿など規模の大きな会館も多いですし、駅から徒歩5分などアクセスが多いホールも多く、それだけ来客も参加しやすく、費用が増大しやすい原因にもなっています。

以前は亡くなる前に死んだ後の相談をする事を不謹慎という意識がありましたが、現在ではエンディングノートやもしもノートなど名前を変え、死後の葬儀について考える事が一般的になってきました。

同時に定額見積もりをしてくれる会社もありますので、いざという時にどの位の費用がかかるのか、その点について把握しておくべきでしょう。

また葬儀の流れや必要な事は宗派によって異なりますが、流れ自体はほぼ同様である場合が多いですので、その点も確認しておきたいですね。

葬儀などの習慣は古くからの習慣で行う場合も多いのですが、今はシステム的になっていますので教えてもらう事は悪い事ではありません。

むしろ将来的に喪主となる立場であるのなら確認はしておくべきなのです。