日本社会は以前は大家族が多かったですが、核家族化に伴い親戚付き合いも薄くなりがちになってきました。

個人主義が強くなってきた傾向が、家族同士の付き合いというものを薄くしてきたのです。

その為、葬儀に関しても最小限の費用に留めておきたい、そう考える人が増えてきました。

また近年の学費の向上など子供にお金を多く使いたい、必要になるという事も葬儀費用の軽減を考える原因ともなってきています。

葬儀費用は家の格を示すものであり、大きな家であればそれ相応の葬儀を行わなければいけない、そういった考え方をする家は減少傾向になってきたのです。

実際に家族葬専用の小規模のホールも作られてきており、コンビニなど不要になった店がそういった家族葬専門の小規模会館になった例もあります。

千葉県には大原や成田、館山など多くの市がありますが、それぞれ斎場など葬儀を行う場所があります。

葬儀料金を教えてもらうなど死に関しての考えや疑問は禁忌化されてきましたが、宗教的な行事であっても今では料金が明確に知る事が出来るようになりました。

宗教観が薄くなってきた事もありますが、宗教もお金が必要である事がわかってきたのです。

葬儀はセレモニー的な意味も持ち、現在の葬儀会社はどこも家族葬を含め様々なプランを提案出来るようになってきています。

葬儀会社も時代にあった提案をしてきている、という事です。

葬儀は大規模にやるものである、そういった考えは改めていった方が良いでしょう。